キャリアアップ・経験

地方公務員(県庁)の出世に学歴は関係するのか?

日本人は大きな組織になるほど出世に学歴が関係するようなイメージをなんとなく持ってしまいがちです。

そして、県庁といえば役所の中でも大きな部類に入る組織です。

県庁での出世にも学歴は関係するの?

そんな疑問とお持ちの方もいると思います。

そこで今回は、僕自身の経験から「県庁における出世と学歴の関係」について書いていきたいと思います。

県庁には色んな学歴の人がいる

はっきり言って県庁には多種多様な学歴の人がいます。

というのも行政職だけでも複数の試験区分があるので、そもそも最終学歴が結構異なります。大卒、大学院卒、短大卒、専門学校卒、高卒といった感じで色々なパターンがあります。早慶卒と高卒が机を並べて仕事をしているなんてことも普通にあります。ちなみに、本庁は大卒が多く、出先は高卒が多いイメージです。

では大学だけで見た場合はどうでしょうか。

難関大学出身の人ばかりがいるかと思いきや、意外とそうではありません。

国立大学の中では比較的難易度が低い大学の出身者もいますし、私大でも所謂「日東駒専」と言われるような大学の出身もいます。

まああくまでもそういう人も思っている以上にいるというだけで、数でみるとやはり旧帝大から「金岡千広」クラスがほとんどですね。

「金岡千広」を知らないって人は、“各地方の旧帝大に次ぐポジションくらいの国立大学”と思ってもらえればよいです。金沢大学、岡山大学、千葉大学、広島大学の頭文字から「金岡千広」です。

私大でいっても、早慶上智からSMART(上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、東京理科大学)あたりが多いです。

特定の大学出身者が多いみたいな偏りはない

特定の大学出身者が多いとか、大学に偏りはないです。

まあ、県庁は民間みたいにOB訪問が採用のスタートだとか、リクルーター制で大学別に採用しているとかそんなのないですからね。試験で良い成績だった人を採っているだけだから、不自然に偏ることはないのが当然でしょう。

敢えて言うならその地域で一番有名な国立大学出身者が多いです。

しかしこれは必然の結果だと思います。そのような国立大学には、それなりの学力を持っていて且つ就職しても地元に残りたいと思う人が多いわけですから。

学閥的なものもない

特定の大学出身者が優遇されたり力を持っていたりすることはないです。

当然、学閥的なものはありません

そもそも県庁内で同じ大学出身者で集まって何かをするというのはまず聞いたことがないです。プライベートな小規模な集まりだったらありますけどね。

(結論)出世に学歴は関係ない

ここまでの説明を読めばなんとなくわかっているかと思いますが

県庁においては学歴は出世に関係ないです!

結果として特定の大学出身者が多く出世しているというのはあるかもしれません。しかしそれは、そもそもその大学出身者が多いとかきちんとした理由があるはずです。

ある特定の大学出身だと出世しやすいとかそんなのはまずないです。

事実、部長クラス以上(要するにすごく出世した人たち)の学歴を見てもバラバラでしたからね。

まあ、旧帝大と早慶上智クラスしかいませんでしたが…(苦笑)

(補足)学歴は関係ないが上級試験で入庁した人のほうが出世しやすい

出世に学歴は関係ないと言いましたが、試験区分は出世に大きく関係しているような印象を持っています。

昇進の内部事情をすべて把握しているわけではないので確実なことは言えませんが、明らかに上級試験に通って採用された人のほうがそうじゃない人よりも出世しているように感じました。

上級だったら仕事がそれほどできなくても、ある程度のところまでは出世していたように思います。とはいえ、さすがに課長にまではなれていなかったので、上級でもさすがに仕事ができる人じゃないと課長以上は無理なのかもしれませんね。

それから、僕の知る限り、部長クラス以上は確実に上級でしたね。

これに関して、個人的には上級じゃないと部長にはなれないということはないと思っています。上級じゃないと課長クラスまでの出世スピードが遅いので、その間のロスが響いて部長まで出世するより先に定年が来てしまう、というのが原因だと思っています。役所には異例の昇進なんてものがないですからね。



まとめ

県庁における出世と学歴の関係はご理解いただけたでしょうか。

本日の内容をまとめますと、結論としては出世に学歴は関係しないということです。

良い大学を出ていないからといって出世できないなんてことはないので、基本的に学歴なんて気にする必要はないと思います。

一方で、学歴は関係ないものの、上級で採用された職員のほうが中級や初級よりも出世しやすいということはあるように思います。

確証があるわけではなく、あくまでも僕が県庁に11年務めた経験からそのように思うだけです。

他の県庁では異なる部分もあるかもしれませんので、その点はご了承ください。

さて、今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
AKASHI
AKASHI
頑張る公務員の味方! 関東在住の30代。某県庁で10年ほど勤務した元公務員です。 財政課、市町村課、生活保護ケースワーカー、個人情報保護担当部署を経験。 詳細プロフィールはコチラ