公務員の仕事術

【便利ツール】切り取り&スケッチ(Windows10)を使えば簡単に画面キャプチャができる!

今回はWindows10の「切り取り&スケッチ」という便利機能についてご紹介します。

この切り取り&スケッチという機能を使えば、必要な箇所だけの画面キャプチャを簡単にとることができます。

頻繁に画面キャプチャをとるような方はぜひ知っておいたほうが良い機能です。

それほど画面キャプチャを使わない方でも、例えば、手順書や引き継ぎ書の作成などをする際に画面キャプチャを取ることがあると思いますので、その際には利用したほうが良いでしょう。

なお、Windows10の機能ですので、使っているPCがWindows10じゃない場合は使うことができないのでご注意ください。

切り取り&スケッチとは

切り取り&スケッチは、Windows10に標準で搭載されている画面キャプチャ機能(アプリ)で、PCに表示されている画面をキャプチャして画像として取り込むことができます。

画面全体や特定のウィンドウをキャプチャすることができますが、領域を自由に選択してキャプチャすることもできます

「切り取り&スケッチ」は「スタート」メニューのアプリの一覧から起動できます。Windowsに標準で搭載されているので、新しくアプリをダウンロードすることなく使用できます。



切り取り&スケッチのおすすめポイント

画面キャプチャと聞くと、Print Screen(プリントスクリーン)という機能が昔から一般的に使われています。

キーボードの[Prt Sc]キーを押してスクリーンショットを取る方法ですね。

これはこれで簡単ですが、その後の処理も考えると切り取り&スケッチのほうが格段に便利です。

ではなぜ、切り取り&スケッチのほうが便利なのか。

一言で説明すると、

必要な領域をキャプチャ→マーカーを引く→その画像をドキュメントに貼り付け

といった一連の作業を非常にスムーズに行うことができるからです。

一つずつ説明します。

好きな範囲でキャプチャを取れる

「切り取り&スケッチ」の最大の特長は簡単に好きな範囲でキャプチャを取ることができる点にあります。

Print Screen(プリントスクリーン)だと、スクリーンショットを撮ったあとにそれをトリミングする必要がありますが、「切り取り&スケッチ」だと初めから範囲を指定してキャプチャを取ることができます

上の画像のように範囲をしてキャプチャできます。

わざわざペイントなどのアプリケーションを起動してトリミングする必要がないのでとても便利です。

ペンで線を引いたり印をつけたりといった編集が、キャプチャを取ってその場ですぐにできる

これも、切り取り&スケッチの優れたところです。

キャプチャを取った画像にペンで線を引いたり印をつけたりといった編集が、キャプチャしたその場ですぐにできます。

赤ペンを選択して

書き込みをすることができます。

キャプチャに説明を加えたいことや印をつけないことがよくある方にとっては非常に役に立つ機能です。



手順書作成などに役立つ

例えば、手順書や引継ぎ書を作ったりする際、わかりやすくするために画面のキャプチャを貼り付けることがあると思うのですが、そんなときに作業がスムーズに行えます!

Alt+Print Screen(プリントスクリーン)でウインドウのキャプチャを取って、ペイントでトリミングして貼り付け、ということをやっていた人は確実に作業効率が上がると思います。

(より快適に使うために)切り取り&スケッチを簡単に起動する方法

次に、切り取り&スケッチをより快適に使うための方法をお教えします。

これを知っておくとさらに作業効率アップです!

タスクバーにピン留めすれば楽に起動できる

Windowsではアプリケーションをタスクバーにピン留めすることができます。タスクバーにピン留めをしたアプリケーションは常にタスクバーに表示されます。

頻繁に使うアプリケーションはタスクバーにピン留めしておくと便利です。

「切り取り&スケッチ」を頻繁に使う場合はタスクバーにピン留めしておくとかなり使い勝手が増します

<タスクバーにピン留めする方法>

  1. 「スタート」をクリックしてアプリの一覧を表示させる
  2. アプリ一覧から「切り取り&スケッチ」を見つけて(アルファベット→50音順に並んでいる「か」行のグループにあります)、右クリック
  3. 表示された一覧から「その他」にマウスポインターを合わせて「タスクバーにピン留めする」をクリックする

以上で完了です。

ショートカットキーでも同様の機能を利用可能

厳密には切り取り&スケッチとは異なるのですが、[Windows]+[Shift]+[S]でも「切り取り&スケッチ」と同様の機能([画面領域切り取り])を使うことができます

機能的にほとんど差異はないのですが、キャプチャした後に編集を加える場合は「切り取り&スケッチ」を起動する必要があります。とはいえ、キャプチャ後にワンクリックで切り取り&スケッチの編集画面が表示されるので特に不便さはありません。

ショートカットキーで起動したい方は、[Windows]+[Shift]+[S]を使うとよいでしょう。

プリントスクリーンキーに割り当て可能

なんと、Print Screen(プリントスクリーン)の押したときの挙動を上記のショートカットキーを押した場合と同じ「画面領域切り取り」にすることができます

[PrtScn]キーを押すだけで、[画面領域切り取り]を起動できるようになるのでとても便利です。

Windowsのオプションで設定できるものなので、やり方も簡単です。

<プリントスクリーンキーを[画面領域切り取り]にする方法>

  1. 「切り取り&スケッチ」を起動する
  2. ウィンドウ右上の[…](もっと見る)をクリックして、表示された一覧から[設定]をクリックする
  3. [設定]画面が表示されたら、「プリントスクリーンのショートカット」のところにある[PrtScnボタンを使用して画面切り取りを開く]と書かれたリンクをクリックします
  4. 「アプリを切り替えますか?」というメッセージウィンドウが表示されるので、「はい」を選択します
  5. Windowsのキーボード設定画面が開くので、下にスクロールして、「プリントスクリーンのショートカット」のところにある[PrtScnボタンを使用して画面領域を開く]をオンにします

以上で完了です。



まとめ

以上が、切り取り&スケッチについてのご紹介でした。

  • 切り取り&スケッチの良い点は、簡単に必要な領域の画面キャプチャが取れて、編集も簡単にできるところ
  • タスクバーにピン留めしておくと起動が楽チン
  • ショートカットキー:[Windowsロゴキー]+[Shift]+[S]でも同様の機能が利用可能
  • プリントスクリーンキーを押すと上記のショートカットと同じ挙動をするように設定することもできる

とても便利ですので、ぜひ使ってみてくださいね!

ABOUT ME
AKASHI
AKASHI
関東在住の30代。某県庁で10年ほど勤務した元公務員です。 財政課、市町村課、生活保護ケースワーカー、個人情報保護担当部署を経験。 詳細プロフィールはコチラ